険しい道のり?!声優ってどうやってなるの?

声優への道は修行の道!

最近、人気の職業に声優があります。顔を出さない「作品の裏方」としてだけではなく、アイドルのようにステージでパフォーマンスを繰り広げたり、歌手活動で音楽番組に出たりとその活動の幅が広がってることも人気の要因です。一方で、その華やかさや身近に思える距離感から、声優の仕事に夢ばかりを感じてしまう人も多いようですね。しかし、実際は声優の世界は職人といってもいい厳しい世界であり、専業で生活が出来る人はほんの一握りです。今回は「それでも諦めない!」「絶対に声優になりたい!」という方のために、声優までの道のりをお話したいと思います。

声優への第一歩は学校で決まる!

本気で声優を目指すなら、やはり基礎から学ばなくてはいけません。そこで多くの声優の卵が通る道として「声優の学校」があります。一番ポピュラーなのは「専門学校」です。普通の学校と同じように一日中、声優になるための知識や技術を学びます。費用も掛かりますがその分集中して学べるので堅実です。一方で学生や社会人の方など、別のことをしながら声優を目指す場合は「声優学校」になるでしょう。専門学校との違いは夜間の授業もあるので時間を有効に使えることですが、専門学校に比べると授業時間も少ないので自分のなかの不足した部分は自主練習などで補う必要があります。

養成所は声優への近道?

その他の道として、声優の所属事務所などが運営する「養成所」というものもあります。卒業後はその事務所専属となり、オーディションなどを受けるチャンスも増えるのがメリットです。しかし、入所するためには試験に合格しないといけません。つまり「基礎が出来ている人」が入所の条件といってもいいでしょう。もちろん、例外はありますがいきなり養成所を経てデビューというのは難しい選択です。そう考えると、専門学校などを卒業後、養成所を経てデビューを目指すというのが一番いいのかもしれませんね。厳しい業界だからこそ、始めにしっかりと基礎を学び長く活動できる声優を目指してください。

声優の養成所とは、これから声優になることを希望する人が演技などの技能の獲得を行うための場所となります。