相続税対策は早めに!税理士に相談して有効な方法を取っておく!

自分自身の資産を把握しておく

資産として最もわかりやすいのがお金です。現金で持つこともあれば、預金などをすることもあります。ただ、それ以外に株式、純金、不動産などいろいろな資産を持つこともあります。これらは時価があり、常に変動しています。相続税の対策をする上では、今持っている資産に何があるか、そしてどれくらいの価値があるかを把握しておくことです。もし税金を払うぐらいの資産があるなら、対策が必要になります。評価を減らせる方法などが取れます。

養子縁組はどのように行うか

相続税対策としてよく言われるのが養子縁組を行うことです。子供は場合によっては全くいないこともありますが、養子であればいくらでも増やせます。今のところ、実子がいる場合は一人まで、実子がいない場合は二人まで相続税上の子供を増やすことが出来ます。うまく行えば節税も可能です。ただし誰でも認められるわけではありません。全く知らない人を連れてきていきなり養子にしたとしても認められないことがあります。孫や、子供の配偶者などになってもらうことがあります。

生命保険の受取人を確認しておく

家族のためにと生命保険に加入することがあります。また、相続税対策として新たに加入することもあります。生命保険に入る時には受取人を決めておきます。配偶者がいるなら配偶者に設定することが多いですし、子供にすることもあります。自分自身にしていることもあります。誰に設定するかで、相続税が変わることもあります。一般的には配偶者にしておくのが最も税金を低くできるでしょう。配偶者は控除額などが多いためです。子供などになっているときは見直しを検討しましょう。

節税対策や納税対策といった相続税相談は、自分で判断するよりも税のプロフェッショナルである税理士にするのが有用です。