株の信用取引は下落局面でも利益を出すことができます

株の信用取引のメリット

信用取引と言うとFXや先物をイメージしますが、株式でも信用取引を行うことができます。小型株などは変動が激しいことから、レバレッジは3倍までになります。1年で株価が倍になるケースも珍しくありませんので、現実的に3倍程度が投資としての限界でしょう。信用取引では空売りや自己資金以上の買いができますが、決済期限は6カ月までとなります。そのため短期投資を原則とし、必要に応じたロスカットが欠かせません。長期で投資を行えないことが弱点です。

信用での売買には金利がかかります

株の信用取引では、買いでも売りでも金利がかかります。信用買いには概ね年利3%、売りの場合は年利1%強の金利になります。これに売買手数料を合わせたものが信用取引のコストになります。これらの金利や手数料はネット証券を利用すると安くなります。一般の証券会社では営業マンから情報を聞き出せることもありますが、長期投資ではありませんので信用取引ではコストに見合うだけのメリットではありません。月にどのくらいの頻度で売買をするかなどを総合的に考え、ネット証券を利用しましょう。

信用取引の醍醐味は空売り

株式相場は、上昇するときはゆっくり、下落するときは急という値動きのパターンがあります。かつてのバブル崩壊のように、上昇相場が続いていても、いつか必ず暴落の日が訪れます。暴落の際には多くの投資家がダメージを受けますが、空売りを行えばそのような局面をチャンスに変えることができます。株式投資は基本的に当初のルールを守ることが肝要ですが、信用取引においては臨機応変に投資戦略を変えていくことが正しい方法になります。

株の信用取引を行う際は、保証金維持率に気を付けることが求められます。担保である株券が維持率を下回ってしまうと追証が発生してしまうためです。