老人ホームでの介護職員からヘルパーになれる介護職員初任者研修制度について

ヘルパー2級と同等なので、取得すると便利

老人ホームなどで介護職員として働きたいと考えている方や、ヘルパーとしてアルバイトしたいと考えている方が、一番最初に目指すと良い資格が介護職員初任者研修の修了資格です。その研修は、ひと通り終えて最後の試験に合格すると、修了資格が貰えるのですがそれはヘルパー2級資格と同等に扱われます。ですので、ヘルパー2級の仕事範囲で出来る仕事が行えるようになるのが特徴です。介護士を目指すのなら、取得しておくと就職に強くなってきます。

高齢者や障害者の介護や介助の知識が身につく

介護職員初任者研修でどのようなことを学べるかというと、介護職員としてのベースとなる基本的な考え方や、介護や介助の知識や技術を習得することが出来ます。高齢者介護は、高齢者に対する接し方や仕事を行う上での心構えも重要なので、それも介護職員初任者研修を受けて学んでいきましょう。また、介護をするときには介護技術があると、仕事をする上で楽になりますし、高齢者を危険な目に合わせなくて済むようになりますが、それも研修の中で学習できます。

十万円以下の料金で取得できる

ちなみに、介護職員初任者研修講座の受講代金は十万円以下の金額で申し込めるところが多いです。安いところならば五万円前後の価格で研修を受けて修了資格を取得可能となっています。研修の代金は数万円ほどかかりますが、一度取得したら更新をする必要も無く、ずっと使える資格ですので取得して損は少ないです。通信制で学修できる所もありますので、忙しい方でも多少の時間を作れればその取得が出来ます。介護業界への就職に興味があるかたは、その資格を撮ってみてはいかがでしょうか。

介護職員初任者研修は、以前ホームヘルパー2級と呼ばれていた資格にあたるもので、介護施設などで働くために必要な知識や技術を身につけるための研修です。