まずは受験資格を確認!1科目ずつコツコツ取得!

受験資格を得てから勉強を開始する

国家資格の受験には受験資格が設定されている場合があります。新司法試験の場合であれば、基本的には法科大学院の卒業が必要です。では税理士試験の受験をするには何が必要かです。まずは学歴要件があります。大学、短大、専門学校などを卒業すれば得られる場合があります。ただし、経済学、法律学の科目の履修が必要です。一般教養科目でも構いません。4年制大学の場合、3年時に一定単位を取得して経済学などを履修していれば受験資格が得られます。もっと早く得たい、大学など行っていられない場合には別の試験の合格で受験が得られます。日商簿記1級、全経簿記上級に合格すると受験資格が得られます。また、実務経験2年以上が認められれば得られる場合もあります。

一括合格でなく科目合格を積み重ねる

会計の最難関試験として公認会計士があります。こちらに合格するには、基本的には一括合格が必要です。科目合格などはありません。一方、税理士試験の場合は科目合格が可能です。必須会計科目2科目、重要税法のうち1科目、その他の税法科目2科目に合格すれば合格になります。以前は一括合格できた人もいたようですが、今はほとんどいません。一つ一つの試験範囲が多く、対策が大変だからでしょう。まずは会計科目の合格を目指し、その後に税法科目の合格を目指しましょう。税法科目にもボリュームの差があるので、できるだけボリュームの少ない税法を選ぶのがコツです。また、資格取得後に使いそうな科目を選ぶ方法もあります。仕事に関係があれば、より勉強しやすくなります。

税理士の講座とは、税理士の国家資格に挑戦するための勉強をすることができます。必要な知識を身につけることができます。