最短ルートを目指せ!効率よく勉強するコツ

過去問を手に入れるのが先

資格試験の合格を目指すなら、まず最初に、試験の過去問をチェックするのがポイントです。どのようなレベルの問題が出題されるのか、問題形式はマークシートなのか記述式なのか、面接や実技試験はあるのかを調べておきます。効率よく勉強し合格を勝ち取るために、過去問の研究は重要です。ゴールを目指すときに、全く目的違いの地図を見て突き進んでしまっては、時間と労力が無駄になります。ゴールと現在の自分を客観的に評価して、どの程度の開きがあるのかを調べましょう。

体のリズムを使って勉強

資格試験を勉強していると、キーワードや重要なフレーズを暗記する必要が出てくるはずです。耳慣れない単語や初めて聞く言葉は、すぐには覚えられないですよね。暗記が必要なら、夜の時間を使って勉強してみましょう。夜は物事に集中し、じっくり考えるのに適した時間帯です。キーワードを覚えてから寝るように習慣づけると良いです。

脳の働きを資格試験合格にも利用してしまいましょう。寝ている間は、脳が記憶の整理をしています。寝る直前に覚えたことは、記憶に定着しやすいことが科学的に分かっています。より効果を高めるために、朝起きてすぐに、前日の夜に暗記したワードをチェックすると、もう一回記憶のチェックが走って覚えられるようになります。テスト直前に詰め込みしたいときにも、1時間でも寝るようにすると、脳の働きで記憶を整理してくれるので、ぎりぎりでも案外覚えています。自分の体のリズムを知って、効率良い勉強法を取り入れましょう。

社労士の講座を受けてみませんか。一人前の社労士になって、立派に働きたい方におすすめの講座になっています。